Sponsored link

「美しい昔」カーン・リーカテゴリの記事一覧

「美しい昔」カーン・リー Diem Xua

二十年以上前のある日、FMを聞いていたら心がジーンと
しびれるような歌声が流れてきました。
 
途中からアジアの言葉で歌われていて、そのやわらかい響きも
印象に残りました。

「美しい昔」というタイトルだと紹介されたので、さっそく
レコード屋で探して買い求めました。 
B面の「ユエの子守唄」もなかなかいい曲でしたね。

「美しい昔」は1978年のNHKドラマ・人間模様「サイゴンから来た
妻と娘」の主題歌ということでしたが、ちょうど日本に
いなかった時期でしたので、知りませんでした。

ただし近藤紘一さんの「サイゴンから来た妻と娘」は、雑誌で
読んでいたので、ストーリーは知っていました。
この物語に「美しい昔」はピッタリですね。



「美しい昔(雨に消えたあなた)」は、「Diem Xua」という原題の
ベトナムの反戦歌です。

作者のTRINH CONG SON (チン・コン・ソン)(1939年生まれ)は
ユエ出身の60年代に活躍したシンガー・ソングライターで、
同郷の女性歌手Khanh Ly(カーン・リー)(1945年生まれ)と
組んで、数々の反戦歌の名曲を生みだしました。

「ベトナムの太陽」と呼ばれたカーン・リーの歌声は、政府権力が
歌舞音曲を禁止しても、人々の間に静かにひろがっていき、希望を
与え続けました。

1970年、ユエからサイゴンに落ちのびていたカーン・リーは、
大阪万博に出演し、日本語盤の「美しい昔」をリリースしました。

1972年、チン・コン・ソンは、当時の南ベトナム政権から曲の
出版を禁止されてしまいます。

1975年にサイゴンが民族解放戦線の手に落ちると南北ベトナムは
統一されますが、共産主義の支配する社会を嫌って国外に脱出する
人々が続出します。

そんな中でも二人は国内に残ることを選びます。

カーンさんは旧南ベトナム政府の下級官吏と結婚し、2児を
もうけていました。

ある日、共産軍の兵士がやってきて「反革命の疑いがある」との
理由で、目の前で夫が射殺されてしまいます。

悲しみにくれるカーンさんに、チン・コン・ソンは「私は
明日、共産軍にダナンに連行されるところですが、一人身なので、
逃げずにこの国の将来を見届けるつもりです。
でも、あなたは子どものためにすぐに逃げるべきです。」と
言います。

その夜、カーン・リーは生後5ヶ月の乳飲み子を抱いて
ニャチャンの海辺から小さなボートでベトナムを脱出します。

当時はボート・ピープルとして国外に逃れる人々も続出しました。


1981年、アメリカの難民キャンプを慰問しながらチャリティ・
コンサートを続けていたカーン・リーの消息がつかめて、
ファースト・アルバム「美しい昔」がリリースされました。
ジャケットの涙を流す少年(市川朝雄さんのイラスト)が
印象的です。

カーン・リーのこの半生は、のちにドキュメンタリーとして
放映されましたので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。


チン・コン・ソンはその後復活しますが、2001年4月1日、
ホーチミン市で死去しました。 享年62歳でした。


「美しい昔」の現地語盤は3拍子ですが、日本語盤は4拍子で、
より「語り」の要素が強い感じです。





「美しい昔」は菅原やすのり(1984年)、加藤登紀子(1997年)、
天童よしみ(2003年)がカバーしています。




「美しい昔」のベトナム語の歌詞と翻訳はこちらです。 
日本語盤レコードの高階真の歌詞とは別のものです。

homepage3.nifty.com/daovaquat/Diem Xua.pdf
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。