Sponsored link

愛のシャンソン・デュエット 「Vie D'Amour」カテゴリの記事一覧

愛のシャンソン・デュエット 〜  シャルル・アズナブールとミレイユ・マチュー 「Vie D'Amour」

シャルル・アズナブールとミレイユ・マチュー

シャルル・アズナブールが16年ぶりの来日と銘打って2007年の
2月から「”ありがとう、さよなら”日本公演」で日本ツアーを
行ない、以前と変わらぬ、そのビブラートのかかった独特の
唱法で、聴衆を感動させました。

彼については、ブログ「動画で楽しむオールディーズ
(ヨーロッパ編)
」をごらんください。


アズナブールを見出したのはエディット・ピアフでしたが、その
ピアフの再来と呼ばれたのが、ミレイユ・マチューです。

「愛の賛歌」を歌ったTVのど自慢番組で注目され、ポール・
モーリア作曲の「愛の信条 Mon Credo」を歌ってデビューし、
たちまち「フレンチ・ポップスの太陽」と呼ばれるように
なりました。

彼女についても、ブログ「動画で楽しむオールディーズ
(ヨーロッパ編)
」をごらんください。


この二人とも大好きな歌手で、1960年代の後半に良く聞いて
いたのですが、ブログを書くためにいろいろ探していたところ、
二人が共演しているのを発見!

その曲は「Vie D'Amour」、邦題は不明ですが「愛の生涯?」。
一度聞いただけで、とても感動しました。

アズナヴールの編曲や伴奏を手掛けたことのあるポール・モーリア
との共作で、80年代初期のアルバム「Autobiographie(自叙伝)」
に収録されています。



日本盤の「自叙伝」には入っていなかったようですが、
US盤の15曲目に二人のデュエットが収録されています。

日本では聞いたことのある人が少ないと思いますが、素晴らしい
名曲です。

そこで、このブログを開いてくださった皆様には、ぜひとも
聞いていただきたいと思い採り上げてみました。


1981年5月2日のライブ映像です ♪
小柄なふたりの、偉大なパフォーマンスをお楽しみください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。